交通事故について

 

 

 

 

 

交通事故

合わないに越したことはありませんが、万が一にもあってしまったらの時のために書こうと思います。

交通事故が発生したらまず、ご自身のからだ、同乗者がいる場合、その方の体の状態を確認してください。

体に異常があるようでしたらすぐに救急車を呼びましょう。

次に警察へ連絡をして事故にあった旨を伝えてください。

そして、外の状態を確認します。

交通量は大丈夫か、車から安全に出ることができるかを確認して外に出ます。

事故相手の確認を行い、けがを起こしているようでしたら救急車を呼びましょう。

次に相手との連絡先を交換してください。

交換していないと何かあった時にお互いに連絡をとれなくなってしまうため必ず連絡先は交感してください。

つぎに双方の保険会社に連絡しましょう。

警察の事故現場の調査が終わると自宅に帰りますが、必ず医療機関の受信をしてください。

痛みや症状が出ていなくても事故の直後は緊張感などで痛みを感じにくくなっており、後日に痛みが出ることがとても多いからです。

むちうちの症状になると首周りをレントゲン写真で撮ることになります。

症状が辛くても、診断結果はとくに問題ありません、なんて言われることもあります。

画像診断では判断できないことも多く、痛みがある場合は細かく先生に伝えてください。

被害にあってただでさえ大変なのに病院では問題ないから様子を見てください、なんていわれれば、どうすればいいのって思ってしまいますよね?

そのようなときは整骨院にご相談ください。

しっかりと時間をかけて問診を行い保険会社の方との話し合いも行います。

交通事故の衝撃は体には大きな負担がかかります。

瞬間的に大きな外力がかかります。

力が加わると体を守ろうとして首の筋肉に相当な力が入ります。

本来筋肉は伸びたり、縮んだりをくりかえすものですが、緊張したまま固まってしまいます。。

首の関節も動きが制限されてしまいます。

それにより痛みや頭痛、緊張した筋肉が神経を圧迫してしまい手がしびれたりしてしまいます。

つまりむちうちは関節や筋肉を本来の動きに戻してあげると治ります。

むちうちは症状の軽いもの、重いもの、治る期間もその人により差があります。

症状もひとりひとりちがいます。

中途半端に症状を残してしまうと後々痛みが出てきたり、長い間苦しむことになるので

しっかりと治療をすることをお勧めします。

交通事故でお悩みの方は当院にご相談ください。