交通事故でのお悩みは大宮くしひき整骨院おまかせください。

こんにちは、くしひき整骨院の萩原です。

今回は交通事故で起こる「むち打ち症」の種類について書こうと思います。

頭痛

交通事故でのお悩みはくしひき整骨院におまかせください。

 

 

自動車事故の被害者の中でも、「むちうち症」になってしまう人が最近多くなっています。

医学的にも「むちうち症」は定義が非常に難しいものですが、首から背骨にかけての一種の神経症状だとされています。

むちうちの場合、レントゲンで異常がみられないことが多く、医師からも特に異常がないとされてしまうことがあります

後遺症が残ってしまうとこれから先に痛みを残してしまいますので、しっかりと症状を伝えましょう。

痛みというのは自覚症状のためなかなか他の人には理解されません。

そのため、画像診断で異常がなくても体の中では筋肉が傷ついていたり、他の場所が傷ついているとレントゲンだけでは判断できなくしっかりと症状を訴えることで、その先のMRIやCTスキャンなどの検査をしましょうとなるので、医師に症状を伝えることはとても大切なことなのではっきりと症状を伝えることをお勧めします。

 

むち打ち症の種類

 

頸椎捻挫型

もっとも「むちうち症」の人に多い状態で、約7割~8割程度の人が頸椎の捻挫だと言われています。
首・肩・背中のコリや痛みなど

神経根型

首にある神経根が圧迫刺激されたことによる痛みで、首の痛み、感覚、触感の以上、
力が入らない、しびれなどがあります。

脊髄症状型

脊髄損傷をした最も重症なケース。

脚部の痺れ・歩行障害・知覚障害など

 

脳脊髄液減少型

珍しいケースですが、事故の衝撃で脳脊髄液がもれてしまい、
全身の痛み、聴力・視力・味覚障害、倦怠感、自律神経症などがあります。

 

バレー・リュー型

事故の衝撃で自律神経まで傷つけてしまった例です。交感神経の障害だといわれていて、なかなか治りづらい症状です。目がかすむ、視力低下、耳鳴りがする、吐き気やめまい。息苦しいなどがあります。