スマホが与えるからだの不調

こんばんは!

さいたま市大宮区櫛引町にあるくしひき整骨院の萩原です。

今日はスマートフォンやタブレットが体に与える不調について書こうと思います。

スマホやタブレットなど、小さな画面をのぞき込む姿勢をとっていると首の骨のカーブがなくなり骨がまっすぐになります。

首の骨は前方に向かって曲がっているのですが、このカーブがなくなります。

カーブが無くなるとどうなってしまうのか?

首は頭を支えます。人の頭は約6キログラムあります。例えるとボーリングの玉ぐらいの重さがあります。

結構な重さですよね。それを首と肩で支えます。

首の骨のカーブがスプリングの役割をして頭の重さ、歩いたり、走ったりしたときの衝撃を分散するんですね。

ストレートネックになるとその衝撃がダイレクトに首や肩にかかる為肩や首の筋肉に負担がかかります。

特に首の前の筋肉に負担がかかり、この状態が長時間続くと筋肉はこり固まり、肩こりになります。

女性は男性よりも筋肉量が少ないために症状を自覚していなくても半数以上の方がストレートネックと言われます。

悪い姿勢で筋力バランスが崩れその結果、腰の負担が増して腰痛の原因にもなります。

スマホやタブレットを使う際は長時間同じ姿勢にならないように注意をして、首や肩のストレッチを行いましょう!

当院はバキバキしないストレッチメインの矯正があります。

お辛い際はぜひお越しください。

 

子供連れ専用時間、キッズスペース完備 くしひき整骨院